プロフィール

二人目不妊について

一人目を体外受精で授かったカップル以外にも、「一度、出産経験があるのだから・・・」大きな問題がないと思っていても、なかなか二人目を授からないカップルも多いです。

 

二人目不妊の考えらえる原因

夫婦のどちらも、一人目のときより実際に年をとっていますし、その分卵子の老化も進んでいます。

生殖機能は低下し、不妊治療の効果も上がりにくくなります。
一人目の時には問題のなかった子宮や卵巣に病変が起きていることも考えられます。


 

ご主人も加齢とともに、精子の質や数、運動率などが低下している可能性もあります。
二人目が授かりにくいのはもっともなことなのかもしれません。

二人目でも、不妊専門クリニックで、男女とも検査を受けることは大切だと思います。

 

東洋医学では、「腎気不足」という状態が考えられ、下腹部の力が弱くなっている人が多いです。大変だった一人目の出産で、「気」と「血」が急激に消耗し、「血」に分類される母乳を授乳することにより、ますます「血」を消耗しています。それで、生理が戻りにくくなることもあります。

産後の育児ストレスも二人目不妊の原因となります。

そこで、不妊鍼灸治療では、体力の回復や子宮・卵巣機能を回復させていく治療が中心になります。

 

二人目不妊だからこその難しさ

妊娠に至るには、射精~着床までにたくさんのステップ(過程)が正常に進行することが必要です。

この繊細なステップのどこかがスムーズに動かないと妊娠は難しくなります。

器質的問題がない二人目不妊の場合は、このちょっとしたズレ(不調)も原因なのだと考えられます。


下腹部の力をつけ、体調をよくし、体全体のバランスを整えることで、妊娠することが多くあります。 

ドクターから、「すでにお一人いるんだから・・・」と言われることがあり、傷つき、憤慨されている方もいらっしゃいます。

一人いるからいいという問題ではないですよね。

また、ご主人とも気持ちのズレが出てくる場合もあるようです。

一人目の時より、体力的にも時間的にも精神的にもキツイかもしれません。

より一層のご主人の理解と協力が必要です。

おふたりの赤ちゃんです。よく話し合って、力を合わせて乗り越えてください。

 

東京の男性向け不妊鍼灸治療
東京の女性向け不妊鍼灸治療
東京の丸の内線東高円寺駅・赤松はり灸院外観
赤松はり灸院の赤い看板が目印です
夫婦で不妊鍼灸治療・割引回数券
不妊治療のためのブログ
丸の内線東高円寺駅・赤松はり灸院