赤松はり灸院の不妊治療

赤松はり灸院は、鍼(はり)とお灸(おきゅう)を使った不妊鍼灸治療を行っている男性と女性のための治療院です。

鍼とお灸で、妊娠力を高め、妊娠できる身体作りのサポートをします。

また、心身のケアーと高度生殖医療を成功するための体質改善のお手伝いをして、

『おふたりの赤ちゃんを迎える準備』を応援します。

1、お心に寄り添う治療

お心に寄り添う不妊治療

鍼灸師であり、不妊カウンセラー(日本不妊カウンセリング学会認定)でもある私たち夫婦 が、患者さまの抱えている思いに寄り添いながら、確かな専門知識と技術をもった「不妊鍼灸治療」で応援させていただきます。

おひとりおひとりの患者さまに最適な治療を考えていきます。


不妊治療の経験者でもある私たちだからこそわかる思いもあると思います。


不妊治療はとてもストレスのかかるもの。
ストレスが自律神経を乱し、ホルモンを乱し、妊娠しにくくしてしまいます。
心と体は、影響を及ぼしあっています。

心が元気で安定してこそ、妊娠力(生命力)を発揮できるのです。


赤松はり灸院の不妊はり灸治療が、その疲れた体と心をほぐして、妊娠しやすい身体づくりのお手伝いをいたします。

なんでもご相談ください。 


2、ゆっくりと受けられる丁寧な治療

患者様ひとりひとりとじっくり向き合いながら、体調、症状に合わせた治療を行っています。


決して部分的な治療ではなく、全身の気血の流れを整え、自然治癒力(妊娠力)を高める全身治療です。

温灸・しょうが灸・灸頭鍼などを使って温め、全身の血流を良くすることで、質の良い卵子・子宮環境の改善を目指して治療を行っています。


ですから、一般鍼灸治療(60分)よりも長い70分治療とさせていただいています。

初診の場合も、1時間半~2時間のお時間をいただいています。


しょうが灸
しょうが灸
灸頭鍼(きゅうとうしん)
灸頭鍼(きゅうとうしん)

3、質のよい卵子とふわふわな子宮環境を目指して治療

赤松はり灸院では、質のよい卵子ふわふわな子宮環境を目指して治療しています。
 

質のよい卵子とふわふわな子宮環境

 

 

そのためには「お腹(骨盤腔内)の冷えの改善」が大切です。

冷えにより、卵子を育てる力が低下し、無排卵になったり、子宮頚管粘液の分泌障害、

をおこしたりすることもあります。更に、子宮内膜の質が悪くなることによって、

着床しにくくなり、受精・着床障害になってしまうことも考えられます。

 


はり治療に加えて、上記のようなゆっくり温めるお灸治療にも力を注いでいます。

卵子が体内環境の影響を受けやすくなるのが排卵の90日前、卵子が成熟するのが1年前と言われています。体の自然のサイクルに合わせながらじっくりと体質改善に取り組んでいただいています。

 


4、ご夫婦のための不妊鍼灸治療(男性不妊にも力を入れています)

男性不妊にも力を入れています

赤松はり灸院では、男性不妊治療にも力を注いでいます。


不妊原因の約半数が男性側にあるにもかかわらず、男性不妊の治療が少ないのが現状です。

自然妊娠を望まれる方はもちろんのこと、人工授精、体外受精をされる方は、女性だけでなく男性の精子の状態がいいことは、確率を上げる上で大切なことです。


当治療院では、同時にご夫婦一緒に鍼灸治療を受けていただくことも可能です。   


ご夫婦での治療で、『おふたりの赤ちゃんを迎える準備』を応援します。


 

5、全身治療、健康な体づくりで妊娠力アップ

健康な体づくりで妊娠力アップ

日常生活の不摂生やストレス等が、自律神経のバランスを乱し不調になります。

慢性的な頭痛・肩こり・めまい・不眠などさまざまな症状(不定愁訴)として現れることもあります。


病院での検査で異常が発見されなくても、不妊の原因になっていることがあるのです。

鍼灸治療は、自律神経のバランスを整える効果があります。そして、このような不定愁訴をひとつひとつ改善していくことで、健康な体づくり、妊娠力アップを図っていきます。


患者さまにも、食生活や生活習慣を改善していただくようお願いしています。

養生法などアドバイスしております。


 

6、妊娠後もサポートいたします

妊娠後もサポート

不妊治療は、妊娠することだけが全てではありません。

妊娠後、無事に安定期を迎え、健康な赤ちゃんを育み、母子ともに健やかな出産(安産)、産後を迎えてこそ完結すると考えています。

安産灸をおこなっていると、安産で元気な赤ちゃんが生まれると言われており、お勧めしています。

また、逆子治療も行っています。妊娠8ヶ月目以降逆子になった場合、足の小指の先のツボなどにお灸をすることによって治していきます。


おふたりの笑顔を心待ちにしております。